お薦め

ダイオキシン等を排出する青汁

ダイオキシンという言葉はよく聞きますが一体何なのかご存知ですか。
ダイオキシンは、ポリ塩化ジベンゾーパラージオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称で猛毒性を持っています。
主にゴミ焼却炉から発生して、空気にと混ざり合って広がっていきます。
呼吸をして吸い込んだり、それを含んだ物を食べることによって体内に蓄積されてしまうのです。
量は非常に微量でも非常に強い毒性を持つと考えられおり、例えば発ガン性、肝毒性、免疫毒性、生殖毒性などがあると認められています。

青汁を飲むと豊富に含まれた食物繊維やクロロフィルなどによって、悪い物質を体外へだしてくれる効果があります。
詳しく言えばダイオキシンは脂肪に溶けやすい性質を持っているために、体内に取り込まれると脂肪に吸収されて蓄積していきます。
脂肪に蓄積されたダイオキシンを排出するには、食物繊維と葉緑素が必要で、食物繊維を10%添加した食事を与えると通常の2.8倍のダイオキシン排出効果があると報告されているのです。

食物繊維や葉緑素を含んだものといったら野菜…しかも大量に摂取することを考えますと青汁が一番でしょう。
いつどんな状態でダイオキシンを吸収し、蓄積しているのかも分からないのであれば、毎日飲むことで効果を発揮することができる青汁はまさに相応しい「健康補助」食品といえることでしょう。
またダイオキシンだけに限らず、人間の体は様々なものの積み重ねによっていろいろといらないものが溜まってしまっています。
青汁に含まれた食物繊維は体に溜まった老廃物を追いだし、野菜の栄養素を新たに吸収させて、新陳代謝を高める効果ももっています。
細胞の入れ替わりによって肌は潤いを保ち、体から毒素を追い出すことができます。

残念ながら大気汚染などはいますぐにどうにかなるものではありません。
自分の体は自分で守るためのも、デトックス効果もある青汁によって日々の体内浄化に励むようにしましょう。