お薦め

貧血対策として欠かせないのが青汁摂取

貧血は血液中の赤血球の数が減った状態のことです。
赤血球は酸素を運ぶ役割を担っていますので、赤血球の数が足りなくなると全身の細胞が酸素不足に陥ってしまうのです。

血球を構成するヘモグロビンは鉄分を元につくられています。
ですから貧血=鉄分不足という構図が出来上がります。
鉄分が含まれた野菜などは多くありますが、熱や調理方法によっては全てを摂りいれることができないものも多くあります。

そんな中で青汁は野菜の栄養を丸ごと凝縮しているといってもいいために、野菜に含まれている鉄分も丸ごと摂ることが出来るのです。
しかも鉄分を吸収するにはただ鉄分だけを補充するのではなく、吸収を助けるタンパク質、ビタミンCと一緒に摂るのが望ましく、当然ながら青汁にはビタミンCも含まれています。
さらにレバーなどの動物性タンパク質を使った食事と一緒に青汁を飲むと、効率的に鉄分の吸収が行われます。

また赤血球をつくるのに欠かせないのが、ビタミンB12と葉酸で、これらは血液をつくります。
しかし鉄分を多く摂ると、腸の働きが弱くなり、便秘がちになってしまいます。
ですが青汁には豊富な食物繊維があり、老廃物を外に追い出汁、整腸作用の効果もありますので便秘の心配はありません。
そういう意味でも青汁による鉄分の補充はかなりの利点があるといってもいいでしょう。

ただし鉄分はカテキンと一緒に摂取しますと吸収が阻害されてしまうといわれていますので、飲みやすさのために緑茶などが入っている青汁は避けたほうがいいでしょう。
せっかくの効果がなくなってしまうことがあります。
ではどの青汁にどれだけ含まれているのかといえば、意外と表記されていることが少ないのです。
ですからこれだというものはありませんが、逆にどれも平等であるといってもいいでしょう。

毎日飲んでいれば鉄分もビタミンも吸収され血を作るばかりか、食物繊維によって便秘の心配もないのが青汁の効能といえるでしょう。
そのため、青汁には美肌、美容効果も期待できます。
よろしければイソフラボンの美肌、美容効果もご覧ください。
http://xn--eck7bvd2a5dzc.tv/3.html