お薦め

腎臓の健康に不安がある方は青汁を

青汁は健康にとても良いものです。
ですから様々な病気を予防してくれるのにとても役に立ちます。

腎臓は、尿を作る臓器ですので、老廃物や塩分、過剰な塩分などを尿にして体の外に出すとても重要な役割を担っています。
つまり腎臓が悪くなってしまいますと、血中の老廃物やコレステロールなどが溜まってしまい、血液事態がドロドロ血といわれるものになるばかりか、尿にも影響がでてしまいます。
利尿効果のある青汁は明日葉や桑の葉を原料に作られた青汁ですので、腎臓関係に不安のある人にはこれらの青汁がお勧めです。

ですがこれらの青汁が飲めるのは病気になっていない予防の段階です。
残念ながら青汁は薬ではありません。
「健康補助食品」になります。
それでも病気に対して他の効果を発揮する効果が普通ならあるのですが、腎臓関係に関しては逆に仇にあることがあるのです。

腎臓が正常に排出機能を果たせない場合は青汁の中の利尿効果をもつ「カリウム」が、そのまま体に溜まっていってしまい、高カリウム血症などという危険な病気を引き起こしてしまうことがあるのです。
勿論、腎臓が悪いから野菜も青汁も危険だと決めつけるのは早計とはいえます。
実際に透析が必要だとされていた人で、全く支障がなかった人もいます。
こればかりは自己判断を行わずに、きちんと医師の指示に従いましょう。
特に腎臓病は食事に関してもきちんと指導されますので、従うようにしてください。
青汁のデメリットについてはこちら。

そしてそんな重大な病気にならないためにも規則正しい生活、食事、そして様々な病から身を守るための青汁は必要といえるのではないでしょうか。
腎臓に関してはなってしまえば飲むことができなくなる場合がありますが、予防の段階ではまだ間に合います。
緑効青汁のサプリメントは栄養豊富でダイエット効果があり、美味しくて飲みやすいため、モデルにも人気の健康補助食品です。
ただしくれぐれも自己判断によって青汁を飲むのはやめてください。
自分ではまだ軽いつもりでも進行していることがあります。
医師の診断をきちんと受けて、飲んでも大丈夫な状態なのかを聞くようにしましょう。