お薦め

青汁で血液をサラサラに

血管の中を流れる血液がドロドロならばそれは病気の素を抱え込んでいるのと同じことです。
ドロドロした血液が詰まったりしたら命に関わる大病にもなりかねません。
元々血液がドロドロになるのには食生活の乱れが大きく影響しています。
特に現代人の洋食文化や野菜離れは大きく影響するといってもいいでしょう。

青汁に含まれている「ピラジン」という成分が、血管を塞ぐ血栓の生成を抑える効果をもっています。
血栓が抑えられると血行が促進され、ドロドロ血液が解消されて、サラサラ血液へと改善されるというわけです。

ピーマンやきゅうりなどの少し青臭さがあるような野菜に多く含まれている「ピラジン」ですが、毎日食べるのは難しく量もかなり必要になります。
そこでそんな「ピラジン」を野菜ごと凝縮させた青汁がお勧めなのです。
野菜不足も解消されて、便通が良くなり、腸内環境も調えられるばかりか、肌に潤いをもたらすと評判の青汁に、血行不良改善の効果も加わるのです。

また血行状態がよくなるということは、動脈硬化、果ては動脈硬化が引き起こす病気であることが多い脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などといった生活習慣病を予防できるだけではありません。
血流に乗って老廃物が集められ、外に追い出す効果もあります。
それによって高血圧や糖尿病などの予防などもできるのです。
他にも青汁に含まれるビタミンCやカロテンは血中コレステロール値を下げる働きをもっており、血液をサラサラにしてくれます。

青汁は毎日飲まないと意味がないでしょう。
食事の方も残すのではなく、はじめから量を減らしておいて、食前に青汁を一杯飲んでお腹を満たしておきましょう。
そうすればダイエット効果もあり、血行もサラサラ状態を保っておけるでしょう。
また糖分や飲酒を控えたり十分な睡眠をとることも生活習慣病の予防にはとても有効です。
質の良い睡眠をとるために大豆イソフラボンや他にはない成分を原材料に使用しているすやっと青汁がオススメです。

血液をサラサラにして規則正しい生活を心がけるようにしましょう。
こちらのサイトでは青汁は冷え性の改善に効果がありますと、解説しています。参考になると思いますので、是非ご覧ください。