お薦め

おいしい飲み方

最近の青汁はかなり飲みやすくなっています。
無農薬から丁寧に作られた青汁やメーカーの努力によってその飲みやすさはかなり高いといってもいいでしょう。
しかしながらあまりにも野菜嫌いで敏感な人や青汁というだけで身構えてしまいそうな人にとっては、いくら飲みやすくされても青汁という苦手意識が残ってしまいます。
また、子供にも飲みやすい青汁があったらいいですよね。

そこで青汁を単品で飲むのではなく、何かでわったり、入れたりする方法はいかがでしょう。
一番人気が高いのは牛乳でわるという方法です。
特に抹茶に近いような青汁ですと、抹茶オレに近い味になると人気が高いですし牛乳と一緒に摂ることでカルシウムをさらに摂ることができます。
同じような意味合いでは飲むヨーグルトでわる方法も、腸の善玉菌を増やし腸内環境を調える意味でも体によい方法と言えるでしょう。

牛乳やヨーグルトなどの乳酸菌が駄目だという人には、商品にもなっているレモンを入れたり、はちみつをいれたりする飲み方です。
味というよりも風味が変わって飲みやすくなります。
そして一番飲みやすいと言われているのは100%の果汁ジュースでわる飲み方です。
混ざりっけなしの100%がよく、グレープフルーツジュースやリンゴジュース、オレンジジョースとよく合います。

またどんな青汁であってもよく混ぜて飲むのが肝心で、粉っぽさが少しでも残っていたらせっかくの効能も美味しさも半減してしまいます。
粉がなくなるまでしっかりとシェイクしてください。

また飲み物でわっても飲めないという人は食べればいいのです。
青汁の粉とホットケーキミックスの粉を混ぜてパンケーキを作ったり、ヨーグルトと青汁の粉とバニラアイスを混ぜて再び凍らすと青汁ヨーグルトアイスが出来上がるなど、
アレンジの方法はいろいろとあります。
ただデザート感覚の青汁はカロリーが高いのでダイエットとして使うのには少し不向きであると言わざるをえません。
こちらでおいしい青汁レシピを紹介しています。

目的にあった飲み方も考慮しましょう。
こちらの通販で人気のおいしいダイエットに効果的で良い青汁の比較ランキングが詳しく掲載されている口コミサイトも大変参考になると思います。