お薦め

粒タイプの青汁が飲みやすいのでオススメです

青汁には水で溶いて飲むタイプと錠剤などの携帯しやすい飲みこむタイプがあります。
厳密にいえばジェルタイプや缶ジュースタイプなどもありますが、ほとんどが粉末を水で溶いて飲むタイプといってもいいでしょう。

粉末タイプは体に吸収されやすいという利点がありますが、飲みやすいかと問われればそれは個人によって差があります。
どんなに飲みやすくてもどうしても飲みきることができないという人がいるのも事実です。
そんな青汁をあきらめかけた人にお勧めなのが、錠剤タイプの青汁です。

錠剤タイプは水が少しあれば飲みこむことができますし、種類によっては水なしでも簡単に飲めるものもあるので、本当に場所を限らずに摂取できます。
それに最大の利点は青汁の味を感じることなく、青汁の栄養素を体の中に取り込めるということです。
特にケール100%の青汁は飲みやすくなってはいても、青汁独特の風味が完全に消せるわけではありません。
まさに元祖青汁に相応しいのですが、飲めない者にはその魅力をただ見せられているだけで手がでない状態です。
他の食材に混ぜたりして摂取することは可能ですが、青汁は毎日飲み続けるということがもっとも肝心なことであるために、途中放棄は許されません。

そんな時に錠剤タイプでの同じ100%青汁があったら、そちらを選んでしまうでしょう。
実際に同じケール100%の青汁でも水で溶いて飲むタイプは無理だったけれど、錠剤タイプは問題なく飲めているという喜びの声はあります。
青汁=ケールではありませんし、実際に錠剤タイプにも様々な種類があります。

また他にも飲みやすい青汁はたくさんありますが、錠剤タイプの利点はそれだけではありません。
それは家のキッチン以外でも簡単に飲むことが出来るということです。
忙しい毎日の合間や旅行先でも気軽に携帯しておいて飲むことができます。
青汁は粉末の飲むタイプという固定概念は捨てて、試してみてはいかがでしょうか。

こちらにケール、大麦若葉といった青汁の原料別成分や青汁のメリット、デメリットを知って、正しくおすすめの青汁を選ぶ方法が紹介されていますのでご覧ください。